岡山」タグアーカイブ

ホタルとカジカガエルの観察会

週末に蒜山・津黒に行ってきた。
津黒いきものふれあいの里の「ホタルとカジカカエルの観察会」が目的。
金曜日の真夜中に出発。
3時に道の駅「風の家」到着。
カエルの声が聞こえる中、キャンピングカーの先客あり。
静かで涼しい中、ゆっくり寝ることができた。

朝、野菜市をぐるっとまわり、
その後ジャージーランドでひとしきり遊び、「悠庵」にて昼食。
少し体調が悪い末お嬢に昼寝をさせてから
夕飯用につるやでお弁当を買い、津黒に出発。

観察会では、まずモリアオガエルの卵を観察。
モリアオガエルの成体は既にシーズンが終わっていて
見ることが出来なかったけど、身近に卵が見ることができたのは良かった。
色々な説明を聞きながら夕暮れを待つ。
やや日が沈みかかった頃、カジカガエルの観察会へ。
なかなか鳴かないカジカガエルに、
まずは子ども達がカエル探しに・・・・。
岩の間に手を突っ込んだり、結構積極的な子ども達。
そのうち一人がカエルを捕まえる。
が、残念ながらトノサマガエルだった。
その後も捕まえるものの、トノサマガエルばかり。
徐々に日が沈み、あたりが暗くなった頃、カジカガエルの声が。
みんな声の方にGO!
散々探したところ、無事カジカガエルをゲット!
観察用のケースにいれて説明を受けていたら、
次々にカジカガエルの声が聞こえ、カジカガエルも捕まり出した。
すっかり日が暮れた頃には大中小3匹のカジカガエルがケースに。
そのカエルたちも役目が終わったら解放。
次はホタルの観察へ。
この日は晴れていたので、湿気が低いためあまりホタルは見られないかも?
ということだったが、徐々にホタルが川沿いに集まり出す。
ホタルの種類や生態の説明を受け、ホタルを手にとって観察。
なかなか普段できない体験だった。

夜の9時頃に解散。
また風の家に戻り就寝することにしたのだが、
前の日と違い、アイドリング中の車やジェネをまわしているキャンピングカーが。
ちょっと残念な思いをした。
真夏だともっと多いのかな?
まあその時期には出歩かないんだが。

一生懸命メモを取っていた息子氏。
夏休みの自由研究のネタになっただろうか?
それにしてもカメラは持って行ったのだが
メディアを忘れて、画像を撮ることができなかったのが一番残念(笑)

鳥取、岡山周遊

今回は頑張って旅行写真を撮ったつもり。
だが!犬を撮るの忘れてたぁ〜よ〜。
うめが私じゃないとちゃんと歩かないからね〜。
大失敗。

さて今回は鳥取、岡山の周遊。
まずは第一の目的、ジャージー祭り。
金曜日の夜から出かけたものの、すっかり大雨。
犬たちをトイレに連れ出すも雨が降ったり止んだり。
ジャージー祭り大丈夫か?状態だったが、
会場に着いた頃にはすっかり止んでいた。
雨の影響か朝一番は人でも少なく、のんびりお散歩。
蒜山のジャージーランドは犬連れOKなので助かる。
走り回って遊んでいたが、申し込んでいたアイスクリーム作り
バター作りの時間になったので、犬たちを車に連れ帰る。
その頃には人も一気に増え、気温も上がり始める。
早めに連れ帰っておいて良かったよ。

まずはアイス作り。

順番にコロコロと転がしながら、アイスを固まらせる。
去年は転がし過ぎて固かったんだけど、今回はばっちり!
とても美味しくできあがった。
その分去年美味しくできたバターは今年は失敗。
なかなか難しいもんだなぁ〜。

ジャージーの搾乳体験をしたり、ジャージー牛を触ったり楽しんだ後、
三朝温泉に入る為、鳥取に移動。
ちょっとだけ時間が余ったので、梨の博物館に。
クイズラリーをしながら、梨の試食や袋かぶせ体験などを行う。
博物館大好きな我が家にはちょうどよい時間つぶしになった。
もうちょっと遊ぶ時間が欲しかったけどね。
三朝温泉に到着後、河原を散歩。
涼しくて犬の散歩にもちょうどいい。
うめがトンボを追いかけて遊んでいた。
うめとゆずぽんを一緒に散歩させたが、絶対歩く歩数は倍ぐらい違うと思う。
散歩の後、温泉手形をつかい温泉に。
足湯なんかもそうだけど、三朝温泉は温泉の温度が結構高いかも〜。
熱くてゆっくりは入ることができなかった。
温泉の後は食事のために、蒜山にUターン。
いつもの「つるや」でお食事。
ここは便利に使わせてもらってます。

お風呂も食事も終えて就寝。
翌日ははんざきセンター隣のプールの予定だったが
まさかの8/31終了、今回は入ることができなかった。
時間が余ったので、道の駅久米の里に移動。
もちろんZガンダムを見るために(笑)


でかいです〜!
いや、ホント良くできてる。
子どもらはあまり興味なく、隣の公園で遊んでたが。
一通り遊んで、昼食をすませ、湯郷温泉に。
「鷺温泉館」で早めのお風呂。
昨日と違って、広めのお風呂を楽しんだ。
泉質は普通かなぁ〜。
本当なら療養湯を利用したほうが、本来の温泉を楽しめたんだけどね。

温泉レポはまた今度・・・って、結構たまってきてるけど

週末の岡山旅行

週末の連休、岐阜方面に行くか岡山方面に行くかで悩んだが
「なるべくお金をかけずに・・・」の私のリクエストに岡山行きを決定。
最近すっかり博物館ばかりまわっている訳だが
今回も「カブトガニ博物館」へ(笑)
ここではカブトガニの繁殖に力を入れていて
飼育室では小さいカブトガニも見ることができる。
小さい500円玉くらいのサイズのカブトガニはエビの幼生を餌に、
もっと大きくなったカブトガニはゴカイを餌にしていた。
小さいカブトガニ可愛いよ・・・。
博物館内部では模型や資料などがあり、
かなり古いビデオシステムで、カブトガニに関する番組を見ることができた。
これがまたお宝映像でえ~~!ってくらい若いタモリやチョーさんが(笑)
色々見ていたかったけど、番組変更する時の切り替えがかなり遅く
他の子ども達が順番を待っていたので、全部チェックすることは出来なかった。
お天気も良く、広場などは混んでいたので早めに退散・・・・。

次は天文台に行くことに。
山の中を車で走っていくと「中世夢が原」というところに到着。
昼間は入場料を払ってここを通って行くらしいが、ちょっとひっそりと・・・。
夕方のせいもあったんだけどね。
「武蔵」のロケ地らしいが、もう少しなんとかならないもんだろうか?(笑)
その先に美星天文台があった。
プラネタリウム~と中に入ってみると、ここにはプラネタリウムはなかった(爆)
仕方ないので施設を見学、スペースガードセンターなどを見て退散しようとしたら
18時から巨大な望遠鏡での天体観測ができるという。
息子氏が興味津々で、予定変更して夜まで待つことに。
天文台横のそば屋さんで早めの夕飯を済ませ、18時になるのを待つ。
辺りが暗くなり始めたので、また天文台に向かったが雲が多い。
それでも一応天体観測はできるということで、職員さんに案内され巨大望遠鏡に。
色々な説明を受けながら、色々な色や形の恒星や惑星をみる。
そのうち空も晴れだして、さらに多くの星を見ることが出来た。
いや~、よく宇宙もののアニメで使われている銀河の背景も
生で(って望遠鏡だけど)見ることが出来、感動。
一通り巨大望遠鏡で観察したら、次はテラスにでて双眼鏡での観察。
双眼鏡といってもコチラも天体観測用のでかいやつですけどね。
肉眼では星座の説明を受け、ちょうど星の事を習っている息子氏はもちろん
お嬢たちも某ライダーの影響で「デネブ~、ベガ~、アルタイル~」と大喜び。
職員さんはおそらくわかってないと思うが、
息子達の独特な反応に喜んでいただけて幸いです(笑)
プラネタリウムとはまた違う、生プラネタリウム状態の天体観測に大満足。
もう少し暖かい時期にまた来たいなぁ~と思うけど、
暖かいと虫がいて大変かな?

その後蒜山方面に寄り道、そして真賀温泉で貸切家族風呂をして早々帰宅。
今回も貴重な体験が出来て良かった良かった。

貴重と言えば「電王きびだんご」ゲット~。
2個買ったので、ひとつはふっちゃんに(笑)
見つけたダンナが私の携帯に連絡。
会話の中で「ふっちゃん」という単語を聞いて、「電王きびだんごやのことやろ?」とうるさい。
「ふっちゃん」でバレて~ら~とは、何か違うんじゃないかえ?(笑)
・・・で、一応荷物は本日発送予定です。(ここから私信)
一足先に一つを開封しましたが・・・・ぐぉぉぉぉめんなさ~~~~~~~いぃぃぃ!
私の方のおまけのシールが亀さんでした(汗)

resize3750.jpg

resize3757.jpg

郷緑温泉

温泉博士からではありませんが、
はんざき探検隊参加の後、郷緑温泉に寄ってみました。
先週の真賀温泉に続いて、2週連続の貸し切り風呂、
かーなーりー贅沢ですね~。

到着すると専用駐車場が。
我が家の車でもOKです。
その横に石垣があり、宿泊施設らしき建物が。
時間が止まったような古風な建物。
中に入っても、やはり時間が止まったような雰囲気です。
食事の準備中のおかみさんに声をかけて、いざ温泉に。
時間が早いこともあって、広々と明るい感じです。
浴槽は2つあって、無加水、無加温の34℃の掛け流しの浴槽、
加温ありの上がり湯の浴槽。
お湯は先日行った真賀温泉や砂湯あたりのお湯よりも
しっとりしつつもさらっとした感じです。
砂湯あたりの温泉は温度も高いですし、
同じ湯原の地域でも違うんでしょうか?
34℃のぬるめのお湯でも、出た後はしっかりぽかぽか。
時間が30分というのが残念です。
もっとゆっくりしていたいなぁ~と思える温泉ですね~。

宿泊施設のお食事は宿の下のところで養殖しているスッポン料理
もしくは川魚の懐石とのことです。
冬場はご主人が猟にでて仕留めた猪のすき焼きもあるそうです。
どちらの場合も前日までに予約する必要がありますが。

resize3488.jpg
resize3492.jpg
resize3495.jpg
resize3498.jpg

はんざき探検隊

日曜日、先週行ったはんざきセンター
自然観察会「はんざき探検隊」に参加するために行きました。
ゆずぽんお留守番の為に4時起きの5時出発。
思ったよりも早く到着、他に参加者がいるのか
ドキドキしながら待っていました。
集合時間には人数が集まり、我が家と同じ家族参加から
ご年輩の方の参加まで様々でした。

まずはんざきセンターでの講習。
オオサンショウウオの説明から、参加者の質問への回答、
現在のサンショウウオの置かれている状況など有意義な話が聞けました。
何より中国産のオオサンショウウオが野に放たれ、生育していることもあるなど
現在においての外来種の問題など考える点も多くありました。
ちなみにセンターにいるオオサンショウウオのうち、
一番大きいものは中国産のオオサンショウウオらしい。
中国産は顔のイボイボがなく、つるっとした感じです。

次に手作りの川舟体験。
こちらはダンナと子ども達が乗ってみたのですが、
私の撮った写真を見てみたら、最初はニコニコな表情が
最後には暗~く、緊張したものになっていました。
竹竿で進んでいくものですが、慣れないと難しくかなり揺れるようです。
舟に乗り込むと舟底がたわんでなかなか恐怖・・・。
他の参加者の方々も次々挑戦していましたが、うまく進まないようです。
また川舟を浮かべる川に行く途中に、
色々な植物の説明を受けました。
コチラでも外来種の侵食は深刻で、絶滅寸前の在来種も。
一度壊れた環境を元に戻すのは難しく、
壊さないようにすることが一番大切なんだなぁと実感しました。

そのあと、場所を変えて食事。
そしていよいよオオサンショウウオの生息地へ。
まずはお弁当を食べて周辺の沢をチェック。
子ども達は沢ガニやブチサンショウウオにテンション上がりっぱなし。
食事もそこそこに生き物観察を始めていました。
食事が終わったら、川辺に下りて生き物探し。
その途中、キイロスズメバチの巣を発見。
刺激しないようにそ~~っと通るようにという指導を受けて
少し離れて山道をおりました。
そこで川に入る時の注意点、また生き物はどの辺りにいるのかなど
説明を受けつつ、生き物観察開始~。
みんな思い思いの場所で魚やカニを捕まえます。
珍しい魚や子持ちの沢ガニなど、
家族での川遊びではなかなかお目にかかれないものも発見。
肝心のオオサンショウウオを見ることはできませんでしたが、
オオサンショウウオの住む環境にいる生き物、
また昔と今の環境の変化など充実した話を聞き、
たくさんの体験をすることができました。

来年あれば、また参加したいですね~。
それにしても・・・、都会っ子の我が家、地元の子ども達とは
自然の中で遊ぶ事に関して、雲泥の差がありますね~。
もっと鍛えなくては・・・親も含めて(笑)

resize3454.jpg
resize3475.jpg
resize3420.jpg

蒜山ジャージーフェア

朝一番でジャージーランド入り。
ジャージーフェアの場所はどこ?とウロウロ。
どうやらライディングパークの方から開場に入れる模様。
先に肉やらカフェオーレやら買い物を済ませ、開場に。
開場ではアイスクリーム&バター作りの体験の受付をしていた。
早速申し込んで他をみる。
隣では牛乳の飲み比べコーナーが。
何よりも低温殺菌のジャージーの牛乳がおいしかった。
普通では手に入らないらしく、イカリスーパーなど限られたところで取り扱っていると。
大阪に帰ったらイカリスーパーにGOだな。

牛の品評会を横目に、とりあえず抽選会に行ってみる。
我々の前の人が2等だか3等だかをゲット。
我が家はみんな揃いも揃って参加賞止まり(笑)

またもや開場に戻って、ダチョウの焼き肉を食べてみる。
鳥という感じではなく、赤身の牛肉。
ゆずぽんのご飯にいいかも~?と
次回ダチョウ牧場に寄ることも決定(笑)

アイス作り、バター作り開始。
アイス作りは牛乳と氷の入った大きな業務用タンクを転がすもので
ちょっと作業が地味なせいか、バター作りに人気が集中、
転がしたりなかったのか、一回目はまだできあがってなかった。
サイド蓋を閉めて、転がす。
その間にバターは完成。
クラッカーに付けて食べたけど、おいしかった。
残りはお持ち帰り(笑)
アイスは二回目の転がしの後、蓋を開けてみたら
今度はかたまりすぎ~~。
カチカチでアイスが剥がれない。
なんとか縁から剥がして、食べることが出来たけど
ぺらぺらアイスで食べにくかった模様。
後になってすくえるようになり、私も食べることができた。
濃厚でおいしかったよ~。

ジャージーフェアの為、レストランも安くなっていたで
レストランで食べてみようという話になっていたが、
牛乳飲んだり、色々食べたりでお腹いっぱい。
レストランも混んでいたので、諦めた。

翌日は始業式ということで早めに帰ったのだが、
混んでなかったとはいえ、ETC割引の時間外は結構イタイ!
今度はちゃんと対象時間に帰ろう・・・。
あと電王のきびだんごが手に入らなかったのもイタイなぁ~。
どこに売ってるんだろうか?
同じメーカーの普通のやつは置いてあるのになぁ~。

はんざきセンターと湯原温泉

金曜日の夜からまたもや蒜山方面に向けてGO!
今回の目的は日曜日にジャージーランドで行われるジャージーフェア。
それだけでは勿体ないということで、いくつか気になる場所をピックアップ。
午前中は生きたオオサンショウウオが見ることのできるはんざきセンター
その隣にある湯原町営温泉プールで遊ぶことに決定。

途中SAで車内泊。
朝一番で施設に向かう。
・・・てはんざきセンター誰もいないんですけど、自由に見学OK?
大作りというかラフというか何とも言えないはんざきセンターを見学(笑)
しかし大きな水槽に入ったオオサンショウウオは元気に泳ぎまくっていてビックリ。
朝一番だからまだ活動時間なのか?
元気なオオサンショウウオを観察できたのは大きな収穫。
古い資料もしっかり見、来週のはんざき探検隊に参加するか悩んでみる。
息子氏は行く気満々なんだけどね~。

続いてすぐ隣にある温泉プールに移動。
さすがに気温が低く、温泉プールとは言え、屋外なので悩む。
しかし現在貸し切り状態ということで、お風呂もあることだし入ってみた。
入ったばかりの時は寒いものの、ある程度温度を上げてくれるので
寒くて遊べないということはない。
寒くなればお風呂とシャワーで保温(笑)
浮き輪やビーチボールも借りることができ、楽しく遊べた。
夏場にコチラ方面に来る時はなかなか便利に使えるかも?
幼児用の浅いプールもあるけど、こっちはちょっと温度が低かった。

プールで一通り遊んだ後は、車内で昼食。
その後、湯原の「砂湯」に行ってみることに。
砂湯は露天混浴ということで、私は入らないけど(笑)
湯原に到着、河原の駐車スペースに駐車。
川沿いにいきなり足湯スペースが。
砂湯までゆっくり歩いて行くとちらほらとこのような施設が。
古い温泉街の雰囲気を味わいつつ、進むと砂湯発見!
砂湯に入る時の注意の看板がでかでかと掲げられ、
夜間入浴の警戒のビラがあちこちに貼られている。
危険って~~~(爆)
確かに屋外の露天風呂って怖いかも~。
まあ人はたくさんいて賑わっていたんですが。
お湯は長寿の湯、子宝の湯、美人の湯と3つあって、
長寿の湯はかなりお湯が熱めとのこと。
川に近い位置にある残り2つの湯はぬるいので
子ども達にもちょうどいいのだが、川の水も混ざってか
温泉とは違うヌルヌル感が・・・と(笑)
川遊びしてる感覚か?

早々に出て蒜山方面に移動したが、夕飯を食べるところがない!
まだ五時になってないんだけど・・・。
ことごとく店が閉まっているので、道の駅風の家のすぐそばのつるやでカレー。
その後また戻って、今度は真賀温泉に。
こちらも内湯だが混浴ということで、家族風呂に。
石張りのお風呂で薄暗いので、足もとが怖い~。
子ども達に足下に注意させ、入浴。
温度は低めで、ツルツルすべすべ、良い感じのお湯。
気持ちよくお風呂に入ることができた。

スッキリしたところで、また風の家に戻り就寝。
気温は20度ほど。
夜になるとさらに気温が下がり、大阪では考えられない寒さ。
汗をかくこともなく、ゆっくり寝ることができた。
翌日はいよいよジャージーフェア~。

resize3145.jpg
resize3144.jpg